今日の書壇高木聖鶴展―特別展示古筆と文房具―

併催 第33回成田山全国競書展

催事案内

開催要項

《名 称》 今日の書壇高木聖鶴展―特別展示古筆と文房具―
       併催 第33回成田山全国競書展
《会 期》 平成29年2月25日(土)~4月23日(日)まで
      9時~16時(入館は15時30分まで)
《主 催》 成田山書道美術館
《休館日》 休館日:月曜日(休日の場合は翌平日休館) 3月27日~3月31日
《入館料》 大人500円(350円)高・大学生300円(200円)中学生以下無料
      ※( )内は20名以上の団体料金
《ギャラリートーク》
      第1回 講師/髙木聖雨氏 森川星葉氏(諸事情により中止とさせて頂きます)
       日時/2月26日(日)13時30分~14時30分
      第2回 講師/髙木聖雨氏 藤川翠香氏 森上光月氏
       日時/4月9日(日) 13時30分~14時30分

趣 旨

 平成29年に開館25周年を迎える当館では、日本の書を中心に江戸時代から現代にかけて多くの作品を収集、展示を行っています。なかでも現代の書壇で活躍する作家の収蔵は、大変充実しております。
 今回の展覧会では収蔵品の中から、今日の書壇を代表する仮名作家で、文化勲章を受章した高木聖鶴先生の作品を特集展示いたします。大正12年岡山県総社市に生まれた聖鶴は、昭和22年に同郷の内田鶴雲に師事しました。平安時代の古筆はもとより漢字書法も背景としながら、躍動感あふれる書風を確立し、今日の書壇を牽引しています。
 今回は、当館に寄贈を受けた聖鶴の書と、特別展示として古筆と文房具を併せてご覧いただきたいと思います。
また、4月1日より、1階展示は第33回成田山全国競書展となります。

高木聖鶴 「あをによし」

高木聖鶴 「あらたまの」

成田山書道美術館

〒286-0023千葉県成田市成田640(成田山公園内)
TEL:0476-24-0774 FAX:0476-23-2218
開館時間9:00~16:00(最終入館は15:30)月曜休館