現在の展示

今日の書壇 新井光風展(2月22日-4月19日)
併催 第36回成田山全国競書展(4月1日-4月19日)

 

新井光風先生は、殷、周時代の金文や戦国、秦、漢時代の肉筆を中心に造型性を追求した現代の書壇を代表する漢字作家として活躍されています。

昭和39年から西川寧に学び、47年の謙慎書道展での西川春洞先生記念賞をきっかけに、日展特選を経て、平成12年に日展文部大臣賞を受賞。16年には恩賜賞・日本芸術院賞を受賞されました。また、『書品』の編集に携わり、大東文化大学で教鞭を執り後進の指導にも情熱を注がれました。西川寧に学んだ古典主義を礎に、古代文字に現代の新鮮な風を吹き込んで独自の風を確立され、現在は日展、読売書法展、現代書道二十人展などで活躍されています。

当館では、平成25年、29年に開催された二度の個展出品作および近年の日展出品作のうち主要な作品と、大東文化大学を退職後改めて取り組まれたという殷から清時代にいたるまで130種類あまりの古典を臨書した折帖をご寄贈いただいています。また、成田山新勝寺では、全国競書大会の運営にご尽力いただくとともに、成田山開基1080年祭には記念として「薬師堂」の門標を揮毫していただきました。

本展では、当館および成田山新勝寺所蔵の作品53点を一堂に集め、初出品となる臨書の折帖220冊を展示し、新井先生の書の魅力をご紹介したいと思います。

なお、4月1日から1階の展示は第36回成田山全国競書展になります。

 

【会期】
2020年2月22日(土)-4月19日(日)
※2月22日-3月25日は全館新井光風展。4月1日-4月19日は1階の展示が競書展になります。

【休館日】
月曜日(休日の場合は開館し、翌平日休館)
3月26日(木)-3月31日(火)は展示替えのため休館

【開館時間】
9時-16時(最終入館は15時半)

【入館料】
大人500(350) 高・大学生300(200) 中学生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金

【主催・会場】
成田山書道美術館

【交通】
JR・京成ともに成田駅下車
徒歩25分またはタクシー

【ギャラリートーク】
「光風書話」
講師:新井光風先生
日時:2月23日(日・祝) 13時半-14時半
場所:成田山書道美術館2階研修室
(申し込み不要。定員200名、当日先着順)

【主な出品予定作品】
「詩経良耜」昭和47年第34回謙慎書道展、西川春洞先生記念賞
「九穀斯豊」昭和47年第4回日展、特選
「熱鐵」  昭和53年第10回日展、特選
「雲龍風虎」平成6年第26回日展、会員賞
「盛稲粱」 平成12年第32回日展、文部大臣賞
「老子儉欲」平成25年新井光風作品展
「冬夏青青」平成29年新井光風作品展Ⅱ